Loading

BLOG

自分の死後のことについて

自分の死後のことについてある程度考えておく人が増えているように思う。

最近、ご近所のおばあさんに聞いた話だが、その人は生前のうちから戒名をつけてもらったそう。

へえ〜そんなこともできるのか。

かたやどこのお墓に納骨してもらうか決めかねている人もいる。

先祖代々の地を離れて暮らす人、子や孫と離れて生きる人は、どうするべきか迷うだろう。

永代供養、散骨、樹木葬といったものもあり、死後、できるだけ子や孫に迷惑をかけたくないと考える人もいる。

自分は、というと、死後のことは残った人で話し合って適当にやってくれればいい、むしろああして欲しいこうして欲しいなどと言い残すと、困ったことが起きた時に柔軟に対処できなくなるのではないかと思ってしまう。

そんなことを人に言うと、いや、その方がかえって残された者は困るんだと言われる。

そういうことで、最低限のことだけ伝えておいて、あとは柔軟に考えてくれればいいとだけ決めておこうと思う。

待つことが出来なかったのだろう

願ったり叶ったり

関連記事

  1. 妻の誕生日にホームページを公開しました。

    2022.02.01
  2. 悔やまれる一言

    2022.02.27
  3. 家族で食卓を囲む愛おしさ

    2022.04.12
  4. 「ありがとう」

    2022.06.01
  5. 待つことが出来なかったのだろう

    2022.05.07
  6. 妻の一周忌まであと100日

    2022.02.19

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP