Loading

BLOG

ウクライナ侵攻から2年。

開戦から2年が経った。
信じられない思いでテレビ画面から流れてくる映像を見入っていたあの日からもう。
戦争はまだ終わっていない。
ウクライナ国民の方々が祖国を必死に守ろうとする姿に、
自分だったら、と考えずにはいられない。

戦争は怖い。
たぶん戦場に行くなんて無理だろう。
そもそも人を殺すという行為が無理だ。
自分が自分でなくなるように思う。
大切な人を守ろうとは思うが、
そのために人を殺そうとは思わない。

せっかく授かった命なのに、
人を殺すために使おうとは思わない。
それでも、
そのことに命を賭ける人々がいる。

ありがとう、というのも違う気がするし、
お疲れ様、も何か違う。
どう受け止めていいのだろうか。

妻の誕生日

「懐かしむ」より「楽しむ」

関連記事

  1. 病院という環境

    2024.03.08
  2. 山賊へ行ってきました。

    2022.04.14
  3. 来場者数1000人に向けて具体的に何をする?

    2023.09.15
  4. やっぱり「尾道」はここ。

    2022.07.25
  5. 物価高で思うこと

    2022.07.13
  6. 時間をどう生きるか、決定権は自分にある。

    2023.09.20

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
PAGE TOP