Loading

BLOG

春を待ち焦がれるこころ

3月、春が来た。

朝目覚めると、思わず「は〜るがき〜た〜」と歌ってしまった。それほど自分は春が待ち遠しかったのだと思った。

三良坂で冬を越したことは今までなかった。何度雪に見舞われたことだろう。朝、目が覚めてもなかなか布団から出られない日もあった。こういう経験はここ数十年なかっただけに、よほど寒さが身に染みたのだろう。知らず知らずのうちに春を待ち焦がれるこころが強くなっていたのだ。

かつて、この地で暮らしてきた多くのご先祖さまが身に感じてきたであろう、こうした春を待つ思い。それが人として自然の中で生きる上で感じるとても自然な心なのだと思った。

絵を描く心とはどういう心なのかときどき考える。その思いが絵に表れるのだろう。

自分なりの春を描いていたい。

摂食障害

続けていると、、、

関連記事

  1. こんなところにも桜が、、、

    2022.03.26
  2. 妻が連れて来てくれた

    2022.04.10
  3. タンポポ畑

    2022.04.22
  4. グミの実が鈴なり

    2022.06.09
  5. あなたのお名前は?

    2022.03.30
  6. 小松菜をのせてみました。

    2022.06.22

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP