Loading

BLOG

第二章

「三次」の個展に向けて「吉舎シリーズ」を描き始めた。
間に合うのか、いささか心許ないが、
とにかくがんばろう。

第一弾に選んだのは「品の滝」。
3月に取材を済ませていた。

初心に戻って絵はがきサイズ(148mm×100mm)で描くことにした。
最初に全体をBLACKで輪郭や陰影を描く。
木々の枝を描いていると、
初めの頃のワクワク感が蘇ってきた。

そうだった。
あの頃は一枚描くごとに
腕が上達している感覚があった。
次はこうしてみよう。
今度はこんなものにチャレンジしてみよう。
次はもっと上手に描ける。
その次はさらにいい作品ができる。
そうした高揚感が
創作意欲を掻き立ててくれていた。

ひるがえって今は違うのか?

そうとも言えるし、そうでないとも言える。
注文をいただいて描いていると、
どうしても挑戦しよう、とはならない。
期待されているものを描く必要があるからだ。
一方で、先様が想像していたよりも
はるかに上をいく絵を提供するためには、
「挑戦」が必要になってくる。

「広島」の個展を終えて、
なんとなくだが、
第一章を終えたような気がしている。
そして、ここから第二章が始まるのだ。

帰るふるさとがある

庄原市本村の桜

関連記事

  1. やるかやらないかの問題

    2022.03.04
  2. BLOGを毎日書く 頭の中にあることをアウトプットする

    2023.09.19
  3. はがきでお知らせ

    2022.02.23
  4. 妻の誕生日にホームページを公開しました。

    2022.02.01
  5. 吉待サロン

    2023.06.07
  6. 答えが出なかった。

    2022.03.12

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP