Loading

BLOG

「ソウルフード」

広島市内で500円で食べられるお好み焼き屋に行った。
数十年ここでお店を続けるおばちゃん(年齢不詳)が
小さな鉄板の前で一人で焼いていた。
お店にいる間に数人のお客が来たが、
みんなおばちゃんと仲がいい。
常連客がほとんどなのであろう。
お好み焼きは、見た目を問わなければ問題ない。

今は有名店を目当てに観光客が押し寄せ、
見た目も美しく、
そしていろいろなトッピングが出ているが、
昔はたぶんおばちゃんみたいな人が
あちらこちらで店をやっていて、
ワイワイガヤガヤ話しながら、
腹を満たしていたのだろう。

お好み焼きは「広島のソウルフード」と言うが、
その肝心の「ソウル」を維持しているのは、
もしかしたら
こういうおばちゃんの店なのかもしれない。

お気に入りになるかも

娘、24歳になりました。

関連記事

  1. たった一人の心を動かす感動画クリエイター

    2023.10.04
  2. これも省エネ

    2022.03.31
  3. 初めての痛み

    2022.06.21
  4. 男の料理教室に行ってみた

    2023.09.30
  5. 人らしい生き方とは?

    2022.04.16
  6. 金沢は暑い

    2022.05.22

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
PAGE TOP